紫外線でパッサパサの髪の毛

私の髪はとても細くて絡まりやすい髪の毛です。とても日焼けに弱く、夏の終わりには髪がパッサパサになってしまいます。美容院で一度、担当美容師さんに相談したところ、髪の細い人はそうなりやすいので、UVカットスプレーなどを使うといいと言われました。でも、私にはあまり効果がないみたいです。

紫外線が当たるところだけが傷むので、ハーフアップにすると、結んだ毛束とおろした毛束の色が全然違います。結んだ方の髪は、色が抜けてしまって赤茶色っぽくなっています。できるだけダメージを与えたくないのですが、さすがにそのままだとみっともないので、ヘアカラーを使用しています。本当は夏の間はいつもお団子とかにして、さらに帽子をかぶったりした方がいいのでしょうが、そうもいかないので困っています。

50代女性薄毛や抜け毛で悩んでいる
まだ、あきらめるのは早い!
女性がやるべき薄毛対策の詳細はこちら

学生の頃の髪の毛カット

大学の頃は一人暮らしをしていました。

人に髪の毛を切ってもらったり、触ってもらうのはどちらかと言えば好きでしたが、「美容室に行く」という行動自体が、私にとってとても敷居が高く、どのお店に行けばいいのか、、、という感じでした。

たまに安いところに行くものの、再度行くということはほとんどなく、遊牧民状態でした。

そんなとき、面倒になって、自分で切っていることもありました。もともと常に長かったので、年に1回行くか行かないか程度でした。しかし、ボリュームがあるので、それだけどうにかしたいと思い、すきばさみを買って、適当に切っていました。前髪は小さい頃から自分で切っていたので、同じような要領だと思って切っていました。

エステ級の美白クリームピューレパールで
ピンク色のバストトップに!
乳首の色素沈着を綺麗にするクリーム

頭皮のにおいに関するケア

頭皮のにおいが気になり始めたのは高校生の頃です。体を動かすことが多かったのでよく汗をかいていたこともあり夜洗っても次の日の昼にはにおいが気になってくるという状況でした。

やはりまわりの目が気になっていたので特に夏は人一倍気を使い、朝シャンに切り替えたりしっかりめにシャンプーをする位の対処でだんだんと気にならなくなり始め、数年前まではそんな悩みを忘れていたくらいでした。

しかし、仕事を始め環境が変わりアルコールをよく飲んだり、こってりした食事を好むようになり、忙しさでトリートメントやドライヤーをかけずに寝てしまうということが習慣化してしまいそんな生活を続けてからかまた臭いが気になってきました。もちろんしっかりシャンプーはしているつもりでした。

これはまずいなと感じたのは、友人に臭いを指摘されてからです。やはり他人からの意見はズキッときますね。こうして私は改善しようと本気で思うようになりました。

まず始めたのは、
1.シャンプーをよく泡立てる・泡が地肌を包むまでしっかりもみ洗いをする
2.トリートメント・ドライヤーをさぼらない
3.野菜を食べるようにする・アルコールを控える

以上3点です。普通の方ならあたりまえのことなのかもしれませんが、私には効果がありました。たまにさぼってしまう時があり、特にこってりした食事やアルコールなんかは影響をうけやすいのかなと感じています。これからもストレスなく生活するためにも続けていきます。